老人性イボを皮膚科で除去!そのために知っておきたいこと

老人性イボを早く確実に治したかったら、皮膚科へ行こう!

首にできた老人性イボが気になる!
どうしよう!?

 

市販の薬や、化粧品を試してみる?
それとも・・・?

 

早く確実に治したいと思うのなら、やはり皮膚科に行くのが一番手っ取り早い方法と言えるでしょう。

 

私がオススメしている、アクアビューティー「艶つや習慣」も、どんな方でも間違いなく効果が出るとは言えません。
また、効果が出たとしても、時間のかかる場合があります。

 

これは市販薬や、他の化粧品でも言えることですね。

 

  

 

ただ、皮膚科に行くとなると・・・
こんなことが、気になりませんか?

 

  • 保険は効く?
  • 治療費は、どのくらい?
  • どんな治療法で、老人性イボを取るの?
  • 痛みはある?

 

色々と考えているうちに、「手近で何かいい方法はないか?」と思う方が多いような気がします。

 

ここでは、老人性イボの皮膚科での治療法について、書いてみたいと思います。
いったい、どんな方法でイボを除去するのでしょうか?

皮膚科での老人性イボの代表的な治療方法とは?

老人性イボの皮膚科での治療法で代表的なものは、以下の4つになります。

 

 

【ハサミによる切除】

 

ハサミを使って、老人性イボを切ってしまうという、原始的な方法です。
もちろん、普通のハサミではなく、医療用のハサミを使います。
(先の細い、眼科剪刀というハサミが使われるようですよ。)

 

私の友人に、このハサミによる切除で、首の老人性イボをキレイに治した人がいます。

 

「私の行った皮膚科では、5分間の切り放題で、1,500円ていう料金設定だったよ。」と教えてくれました。
何だか、面白いですね♪

 

彼女曰く、「チクッとするくらいで、痛いということはなかった。出血も殆どしなかった。」ということでした。

 

治療後は、化膿止めの軟膏を塗って、絆創膏を貼ったそうです。

 

今のところ、イボが再発することもなく、本人的には非常に満足している様子。
私自身、彼女の首の状態を見て、なかなかいい治療法ではないかと思っています。

 

 

【液体窒素による凍結療法】

 

つい最近、友人の子供(小学生)が、足の裏にできたイボを、液体窒素で治療していました。
老人性イボにも、この方法が使われているんですね。

 

まず、特殊なピンセットを、−200℃の低温度の液体窒素で冷やします。
そのピンセットでイボを摘んで(平たいイボの場合は、押し当てる)、急速に冷凍します。

 

   

 

すると、イボの中の細胞が懐死して、1〜2週間後にはカサブタになります。
カサブタが落ちれば、OKというわけですね。

 

ただ、大きめのイボになると、数回行う必要がありますし、複数ある場合は、何回かに分けて治療を行うことも多いのだとか。

 

「シミになる可能性がある」という声も聞いたことがあるので、個人的には、信頼できる医師の元でしか行いたくない治療法ですね。

 

 

【炭酸ガスレーザーによる治療法】

 

私の妹が、この治療法で首の老人性イボを治しました。
なので、信頼度はかなり高いです。(笑)

 

炭酸ガスレーザーで、イボの中の水分を一気に蒸発させるという方法ですね。

 

大きめのイボなら、注射で局部麻酔をすることもあるようですが、小さめのイボなら貼る麻酔剤を使用します。

 

イボの根本から一気に焼き切ると、一週間後にはカサブタになります。
こちらも、カサブタが落ちればキレイになります。

 

 

【手術による切除】

 

アクロコルドンやスキンタッグ、小さめの軟性繊維腫などは、今までご紹介した治療法が適していますが、大きめの軟性繊維腫や懸垂性繊維腫は、手術になる場合があります

 

手術ですので、ご想像通りのやり方ですよ。
局部麻酔をして、メスでイボを根本から切り取ります。
そして、縫合。

 

術後に、若干痛みが出ることもあります。
抜糸をするまでは、患部に気を付けながら過ごしましょう。

 

ちなみに、この4つの治療法の中で、炭酸ガスレーザーによる治療のみ、保険適用外となります。

 

 

 

私の周りには、手術による切除以外、実際に体験した人がいるので、意外とどの治療法でも、キレイに除去できるという印象ですね。

 

液体窒素についても、「シミになる可能性がある」と聞くことはあるものの、私の友人は跡形もなくキレイに治りましたから。

 

こういった治療法に踏み切れない場合は、コツコツと専用の化粧品でケアしていくのが一番です。

 

 

私のオススメはコチラ! ⇒ 艶つや習慣公式ページ

 

 


関連ページ

老人性イボの治療で液体窒素はシミ(跡)になりやすい?
老人性イボの治療法に、液体窒素による凍結療法があります。かなり一般的な治療法ではありますが、巷では「シミ(跡)になる可能性がある!」とも言われています。保険適用の治療法なので、リスクがなければ、是非検討したいものですが、実際はどうなのでしょうか?
老人性イボをレーザーで治療すると費用はいくらかかるの?
老人性イボのレーザー治療で気になるのは、やはり費用ですよね。殆どの場合保険が効かないので、非常に心配です。ご参考までに、私の妹の治療費をご紹介したいと思います。彼女は、老人性イボとホクロを、炭酸ガスレーザーで除去しました。さて、アナタはいくらまでなら払えますか?
老人性イボの除去なら液体窒素よりレーザー?その治療法とは
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)の治療で、沢山の方から選ばれている、炭酸ガスレーザー。保険適用外というデメリットはあるものの、キレイに治ると評判です。最近では、液体窒素による凍結療法よりも、人気が高いようですね。いったいどんな治療法なのでしょうか?
老人性イボのレーザー治療を受ける際の手順を紹介!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)を皮膚科で除去するなら、レーザー治療がオススメです。どんな手順で治療まで進むのか、経験者である私の妹の場合を例に取ってご紹介します。保険適用外なのが難点ですが、非常にキレイに治ります。是非、ご検討下さいね。
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療体験談!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療を考えているアナタ!体験談をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザーなら、跡形もなく老人性イボを除去することができます。ポツポツのない、若く美しい皮膚を取り戻しましょう!
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!疑問や不安はある?
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!でも、疑問や不安なことがあって・・・という方のために、一般的な質問をまとめたものにお答えしました。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、安全で有効な治療法ですよ。キレイな首を目指して、レッツトライ!
老人性イボの治療に保険が効くかは治療法によって違う
老人性イボの治療は、皮膚科に行くのが手っ取り早いです。でも、保険は効くのでしょうか?これが、一番気になるところですよね。(笑)実は、治療法によって、効くものと効かないものがあるんです。治療前にしっかりと確認して、把握しておいて下さい。治療費が、かなり変わってきますからね!
デルマトロンはシミだけでなく老人性イボ(アクロコルドン)にもいい?
老人性イボを皮膚科で除去するなら、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどの治療法がありますね。実は、デルマトロンというのもあるんですよ!中周波治療器のことで、シミ治療にも使われています。老人性イボの中でも、アクロコルドンに適していますので、治療法の1つとして知っておいて下さいね。
老人性イボを治療するための皮膚科は何を基準に選んだらいい?
気になる老人性イボを、化粧品でもなく、市販薬でもなく、民間療法でもない方法で治そうと思ったら!やっぱり、皮膚科に行くしかないでしょう。でも、皮膚科ならどこでもいいというわけではありませんよね。ここでは、病院選びのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

HOME 艶つや習慣 老人性イボに効く化粧品 老人性イボの皮膚科での治療法