老人性イボをレーザーで除去!治療までの流れは?

老人性イボを炭酸ガスレーザーで治療したいと思ったら

もしアナタが、「炭酸ガスレーザーで、老人性イボの治療をしたい!」と考えたとします。
すると、どんな手順(流れ)で、進むことになるのでしょうか?

 

私の妹の場合を、説明したいと思います。
参考になれば、幸いです。

 

まず最初は、病院選びからですね。

 

私の妹は、一般の皮膚ではなく、美容皮膚科を選びました。
炭酸ガスレーザーなら、一般の皮膚科で治療を受けても、保険適用外になることが多いからです。

 

 

 

色々な病院のホームページを見て、

 

  • レーザー治療に実績のある病院かどうか
  • 治療費はいくらかかるのか
  • どんな先生なのか

 

というところに重点を置いて、ある1つの病院を選びました。

 

ちなみに、選んだ先生は女医さんです。
やはり、女性の悩みは女性の方が・・・という理由からみたいですね。(笑)

 

そして、予約を入れ、カウンセリングと診察を受けるという流れになります。

 

治療費については、事前にホームページで大体の概算をしておきますが、このカウンセリング時に「実際、いくらかかるのか?」ということは、しっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

 

老人性イボと言っても、種類がありますからね。
やはり、一度診察をしていただかないと、はっきりとした数字は出ませし、場合によっては、違う治療法を勧められることもあるからです。

 

このカウンセリングは、非常に重要なものだと言えるでしょう。

カウンセリングから治療まで!老人性イボのレーザー治療の流れ

妹は、首の老人性イボを診察してもらい、

 

  • 本当に老人性イボなのか
  • レーザー治療を行っても大丈夫か

 

を確認していただきました。

 

そして、見積もりを出してもらいます。

 

彼女には、首に20個ほどの老人性イボがありましたが、提示された金額は、予想よりも高いものでした。

 

 

 

でも、カウンセリングで「是非、この先生にお願いしたい!」と強く思ったのだそうで、それでも治療に踏み切りました。

 

やはり、先生との相性は大切だと思います。
このカウンセリング時に、「この先生、ちょっとヤダな・・・」と感じたら、妥協はせずに別の病院を探した方がいいでしょう。

 

妹は、顔にあったちょっと大きめのホクロも、一緒に除去することになりました。

 

このカウンセリングで、治療方法の説明も受けます。
初めてレーザー治療を受けるのですから、疑問や不安に思うことがあったら、どんどん質問して下さい。

 

病院によっては、このカウンセリングをせずに、いきなりレーザー治療の予約を受けてくれる所もあるようです。

 

しかし、これはトラブルの原因になりかねません。
事前のカウンセリグは、非常に大切ですから、必ず受けて下さいね。

 

診察とカウンセリング、治療方法の説明が終わったら、いよいよ処置(治療)の開始です。

 

麻酔(妹は、麻酔クリームでした。)をして、イボの部分にレーザーを照射します。

 

20個くらいの老人性イボなら、1日で完了です。
翌日、経過のチェックを受けました。

 

また、約1週間〜10日後に経過チェックを受けますが、処置(治療)からこの経過チェックまでは、ちょっと面倒くさいホームケアが必要になります。

 

このホームケアについては、また別記事でご紹介しますが、カサブタが剥がれて、皮膚ができれば、治療は完了となります。

 

以上が、私の妹の場合を例に取って、ご紹介しました。
病院によって、若干の違いはあっても、殆どこの流れだと思います。

 

是非、レーザー治療で美しい首を取り戻して下さいね!


関連ページ

老人性イボを皮膚科で除去!どの治療法を選んだらいい?
老人性イボを皮膚科で治療したいと思ったら、やはり気になるのが治療法と料金です。いったい、どんな方法でイボを除去するの?また、保険は効くの?ここでは、代表的な4つの治療法をご紹介します。保険も適用されるものと適用外のものがありますので、事前に知っておいて下さいね。
老人性イボの治療で液体窒素はシミ(跡)になりやすい?
老人性イボの治療法に、液体窒素による凍結療法があります。かなり一般的な治療法ではありますが、巷では「シミ(跡)になる可能性がある!」とも言われています。保険適用の治療法なので、リスクがなければ、是非検討したいものですが、実際はどうなのでしょうか?
老人性イボをレーザーで治療すると費用はいくらかかるの?
老人性イボのレーザー治療で気になるのは、やはり費用ですよね。殆どの場合保険が効かないので、非常に心配です。ご参考までに、私の妹の治療費をご紹介したいと思います。彼女は、老人性イボとホクロを、炭酸ガスレーザーで除去しました。さて、アナタはいくらまでなら払えますか?
老人性イボの除去なら液体窒素よりレーザー?その治療法とは
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)の治療で、沢山の方から選ばれている、炭酸ガスレーザー。保険適用外というデメリットはあるものの、キレイに治ると評判です。最近では、液体窒素による凍結療法よりも、人気が高いようですね。いったいどんな治療法なのでしょうか?
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療体験談!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療を考えているアナタ!体験談をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザーなら、跡形もなく老人性イボを除去することができます。ポツポツのない、若く美しい皮膚を取り戻しましょう!
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!疑問や不安はある?
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!でも、疑問や不安なことがあって・・・という方のために、一般的な質問をまとめたものにお答えしました。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、安全で有効な治療法ですよ。キレイな首を目指して、レッツトライ!
老人性イボの治療に保険が効くかは治療法によって違う
老人性イボの治療は、皮膚科に行くのが手っ取り早いです。でも、保険は効くのでしょうか?これが、一番気になるところですよね。(笑)実は、治療法によって、効くものと効かないものがあるんです。治療前にしっかりと確認して、把握しておいて下さい。治療費が、かなり変わってきますからね!
デルマトロンはシミだけでなく老人性イボ(アクロコルドン)にもいい?
老人性イボを皮膚科で除去するなら、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどの治療法がありますね。実は、デルマトロンというのもあるんですよ!中周波治療器のことで、シミ治療にも使われています。老人性イボの中でも、アクロコルドンに適していますので、治療法の1つとして知っておいて下さいね。
老人性イボを治療するための皮膚科は何を基準に選んだらいい?
気になる老人性イボを、化粧品でもなく、市販薬でもなく、民間療法でもない方法で治そうと思ったら!やっぱり、皮膚科に行くしかないでしょう。でも、皮膚科ならどこでもいいというわけではありませんよね。ここでは、病院選びのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

HOME 艶つや習慣 老人性イボに効く化粧品 老人性イボの皮膚科での治療法