皮膚科で老人性イボをレーザー治療!でも、ちょっと心配?

レーザー治療で気になる点は何ですか?

さて、これまで、皮膚科で老人性イボのレーザー治療を受ける際に、以下の“気になる点”について書いて来ました。

 

  • どんな治療法なのか(処置について)
  • レーザー治療の流れ(手順)
  • 治療費について
  • 体験談の紹介

 

老人性イボの治療では、とても人気の高い炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

 

今回は、レーザー治療について、一般的に疑問を感じたり、不安に思ったりすることを、Q&A形式でご紹介したいと思います。
レーザー治療を検討している方の参考になれば、大変嬉しいですね♪

 

   

アナタの疑問にお答え!レーザー治療に関する疑問・不安を解消しよう!

アレルギー体質でも、レーザー治療は受けられる?

問題ありません。
ただし、皮膚炎が悪化しているような場合は、そちらの治療が先になります。
気になる点は、医師に相談して下さい。

 

レーザー治療の時間は、どのくらい?

治療時間は、除去するイボの数によって変わってきます。
1個につき、1分程度。
大体、20分〜1時間くらいかかるのが一般的です。

 

レーザー治療に、痛みはある?

麻酔をするので、痛みを伴うことはありません。
チリチリとした感じは、若干あります。

 

レーザー治療で、出血することはある?

ご安心下さい。
ありません。

 

レーザー治療後、すぐにお化粧をしてもOK?

小さなイボの場合は、すぐにお化粧をしても問題ありません。
念のために、医師に確認して下さい。

 

レーザー治療後、飲酒はOK?

治療当日の飲酒は、基本的にオススメしません。

 

レーザー治療で、副作用が起きることはある?

治療中は、目を保護するためにゴーグルを着用します。
安全な波長の光なので、人体に副作用が出ることはありません。

 

レーザー治療が原因で、ガンになることはある?

ご安心下さい。
ありません。
世界でも、そのような報告は1つもありません。

 

治療後は、アフターケアが必要?

はい。
傷の修復を促す薬を塗り、目立ちにくいテープで、患部を保護する必要があります。
また、暫くは肌が敏感になっています。
紫外線対策なども、しっかりとしていただきます。

 

イボを除去した跡が、残ることはある?

アフターケアをキチンとしていただけば、殆どキレイに治ります。

 

レーザー治療を受けても、老人性イボが再発することはある?

100%ないとは言えません。
しかし、殆ど再発することはありません。

 

レーザー治療は、どんな人でも受けられる?

以下の方は、受けられません。

 

  • 妊娠中や妊娠の可能性がある人。

レーザー治療自体は、有害なものではないので、母体・胎児に影響はありません。
ただし、ホルモンの影響でシミができやすくなります。
老人性イボは、健康上に問題のあるものではありませんから、産後に受けるようにして下さい。

  •  
  • 心臓病や糖尿病などの重度の持病のある人。
  • 強い日焼けをされている人。

 

いかがですか?
一般的な疑問・不安に関して、お答えさせていただきました。

 

上記以外の質問は、直接医師に聞いてみて下さい。
電話でも説明してくれると思いますが、やはりカウンセリングを受けた方が、一気に疑問や不安が解消されると思います。

 

   
レーザーは安全な治療法ですが、気になることは、治療の前にスッキリさせておきましょう。
安心して治療を受けるというのも、非常に大切なことです。

 

「これが終わったら、キレイな肌になるんだわ♪」とウキウキした気持ちで、治療に臨みたいものですね。


関連ページ

老人性イボを皮膚科で除去!どの治療法を選んだらいい?
老人性イボを皮膚科で治療したいと思ったら、やはり気になるのが治療法と料金です。いったい、どんな方法でイボを除去するの?また、保険は効くの?ここでは、代表的な4つの治療法をご紹介します。保険も適用されるものと適用外のものがありますので、事前に知っておいて下さいね。
老人性イボの治療で液体窒素はシミ(跡)になりやすい?
老人性イボの治療法に、液体窒素による凍結療法があります。かなり一般的な治療法ではありますが、巷では「シミ(跡)になる可能性がある!」とも言われています。保険適用の治療法なので、リスクがなければ、是非検討したいものですが、実際はどうなのでしょうか?
老人性イボをレーザーで治療すると費用はいくらかかるの?
老人性イボのレーザー治療で気になるのは、やはり費用ですよね。殆どの場合保険が効かないので、非常に心配です。ご参考までに、私の妹の治療費をご紹介したいと思います。彼女は、老人性イボとホクロを、炭酸ガスレーザーで除去しました。さて、アナタはいくらまでなら払えますか?
老人性イボの除去なら液体窒素よりレーザー?その治療法とは
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)の治療で、沢山の方から選ばれている、炭酸ガスレーザー。保険適用外というデメリットはあるものの、キレイに治ると評判です。最近では、液体窒素による凍結療法よりも、人気が高いようですね。いったいどんな治療法なのでしょうか?
老人性イボのレーザー治療を受ける際の手順を紹介!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)を皮膚科で除去するなら、レーザー治療がオススメです。どんな手順で治療まで進むのか、経験者である私の妹の場合を例に取ってご紹介します。保険適用外なのが難点ですが、非常にキレイに治ります。是非、ご検討下さいね。
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療体験談!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療を考えているアナタ!体験談をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザーなら、跡形もなく老人性イボを除去することができます。ポツポツのない、若く美しい皮膚を取り戻しましょう!
老人性イボの治療に保険が効くかは治療法によって違う
老人性イボの治療は、皮膚科に行くのが手っ取り早いです。でも、保険は効くのでしょうか?これが、一番気になるところですよね。(笑)実は、治療法によって、効くものと効かないものがあるんです。治療前にしっかりと確認して、把握しておいて下さい。治療費が、かなり変わってきますからね!
デルマトロンはシミだけでなく老人性イボ(アクロコルドン)にもいい?
老人性イボを皮膚科で除去するなら、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどの治療法がありますね。実は、デルマトロンというのもあるんですよ!中周波治療器のことで、シミ治療にも使われています。老人性イボの中でも、アクロコルドンに適していますので、治療法の1つとして知っておいて下さいね。
老人性イボを治療するための皮膚科は何を基準に選んだらいい?
気になる老人性イボを、化粧品でもなく、市販薬でもなく、民間療法でもない方法で治そうと思ったら!やっぱり、皮膚科に行くしかないでしょう。でも、皮膚科ならどこでもいいというわけではありませんよね。ここでは、病院選びのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

HOME 艶つや習慣 老人性イボに効く化粧品 老人性イボの皮膚科での治療法