デルマトロンは老人性イボ(アクロコルドン)の治療にオススメ!

老人性イボやシミの治療に使われているデルマトロンて何!?

皮膚科で老人性イボを除去するなら、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどの治療法があります。

 

ところが最近、「これ、かなり画期的では?」と思うような治療法を知りました。

 

デルマトロンって、ご存じですか?

 

私は、「何だか、怪獣の名前みたいだな」と思いましたね。(笑)
日本語で言うと、中周波治療器のことなんだそうです。

 

このデルマトロン(中周波治療器)なら、中周波域の微弱電流で、皮膚の表面を“薄くピンポイント”で焼くことができるんですね。

 

中周波によるシミ治療では、代表的なものらしいですよ。

 

微弱電流なので、治療中はピリピリとした痛みを少し感じる程度。
基本的に、麻酔の必要もないそうです。
(皮膚科によっては、麻酔クリームや麻酔テープを使うことがあります。)

 

 

 

そして、デルマトロンの魅力は

 

  1. 液体窒素による治療法は、シミになる可能性がゼロではないが、デルマトロンならその心配がない。
  2. 炭酸ガスレーザーによる治療法は、アフターケアが面倒だが、デルマトロンは非常に簡単。
  3. 炭酸ガスレーザーに比べて、費用が安い。(老人性イボを50個除去して、大体2万円くらい。)

 

と、他の治療法に比べて、かなりメリットが多いことでしょうか。

 

また、保険が適用されるか否かについては、病院によって違うようですので、事前に確認しておいて下さいね。

デルマトロンは、アクロコルドンの治療に適している!

さて、一口に老人性イボといっても、アクロコルドンスキンタッグ軟性繊維腫懸垂性繊維腫など、種類がありますよね。

 

その中でも、デルマトロンは“やや小さくて、平べったいイボ”に適しているようです。

 

やや小さくて、平べったいイボとは・・・
アクロコルドンのことですね。

 

茎が細くてくびれているイボ(スキンタッグ)なら、ハサミで除去してもらう方が簡単でしょう。

 

デルマトロンでアクロコルドンを焼くと、カサブタ状になります。
それが、1週間から10日くらいで、剥がれ落ちるようですね。

 

治療後は、少し赤みが出るようです。
その赤みがやがてピンク色になり、徐々に普通の肌色に戻っていくというわけです。

 

その状態を人に見られたくないという人は、なるべく目立たない季節に受けた方がいいでしょう。

 

アフターケアは、非常に簡単です。

 

炭酸ガスレーザーの場合は、軟膏を塗って、絆創膏を貼って・・・と、ちょっと面倒くさいケアを暫くしなければなりませんが、デルマトロンの場合は、日焼け止めを塗る程度でいいそうですよ。

 

治療費も安くて、アフターケアも楽なら・・・
単純に、「炭酸ガスレーザーよりもいいじゃん!」と思いませんか?
(私は、思いました。笑)

 

デルマトロンは、患者さんからも非常に高評価を受けています。
特に、顔と首のイボはキレイに治ると評判ですよ。

 

ただし、心臓ペースメーカーや人工弁を入れている方や、妊娠中の方は受けることができません
別の治療法を選択して下さいね。

 

それにしても、本当に色々な治療法があるんですね。
是非、アナタにベストな治療法を選んで下さいね!


関連ページ

老人性イボを皮膚科で除去!どの治療法を選んだらいい?
老人性イボを皮膚科で治療したいと思ったら、やはり気になるのが治療法と料金です。いったい、どんな方法でイボを除去するの?また、保険は効くの?ここでは、代表的な4つの治療法をご紹介します。保険も適用されるものと適用外のものがありますので、事前に知っておいて下さいね。
老人性イボの治療で液体窒素はシミ(跡)になりやすい?
老人性イボの治療法に、液体窒素による凍結療法があります。かなり一般的な治療法ではありますが、巷では「シミ(跡)になる可能性がある!」とも言われています。保険適用の治療法なので、リスクがなければ、是非検討したいものですが、実際はどうなのでしょうか?
老人性イボをレーザーで治療すると費用はいくらかかるの?
老人性イボのレーザー治療で気になるのは、やはり費用ですよね。殆どの場合保険が効かないので、非常に心配です。ご参考までに、私の妹の治療費をご紹介したいと思います。彼女は、老人性イボとホクロを、炭酸ガスレーザーで除去しました。さて、アナタはいくらまでなら払えますか?
老人性イボの除去なら液体窒素よりレーザー?その治療法とは
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)の治療で、沢山の方から選ばれている、炭酸ガスレーザー。保険適用外というデメリットはあるものの、キレイに治ると評判です。最近では、液体窒素による凍結療法よりも、人気が高いようですね。いったいどんな治療法なのでしょうか?
老人性イボのレーザー治療を受ける際の手順を紹介!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)を皮膚科で除去するなら、レーザー治療がオススメです。どんな手順で治療まで進むのか、経験者である私の妹の場合を例に取ってご紹介します。保険適用外なのが難点ですが、非常にキレイに治ります。是非、ご検討下さいね。
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療体験談!
老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)のレーザー治療を考えているアナタ!体験談をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザーなら、跡形もなく老人性イボを除去することができます。ポツポツのない、若く美しい皮膚を取り戻しましょう!
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!疑問や不安はある?
皮膚科で老人性イボをレーザー治療!でも、疑問や不安なことがあって・・・という方のために、一般的な質問をまとめたものにお答えしました。是非、参考にしてみて下さい。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、安全で有効な治療法ですよ。キレイな首を目指して、レッツトライ!
老人性イボの治療に保険が効くかは治療法によって違う
老人性イボの治療は、皮膚科に行くのが手っ取り早いです。でも、保険は効くのでしょうか?これが、一番気になるところですよね。(笑)実は、治療法によって、効くものと効かないものがあるんです。治療前にしっかりと確認して、把握しておいて下さい。治療費が、かなり変わってきますからね!
老人性イボを治療するための皮膚科は何を基準に選んだらいい?
気になる老人性イボを、化粧品でもなく、市販薬でもなく、民間療法でもない方法で治そうと思ったら!やっぱり、皮膚科に行くしかないでしょう。でも、皮膚科ならどこでもいいというわけではありませんよね。ここでは、病院選びのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

HOME 艶つや習慣 老人性イボに効く化粧品 老人性イボの皮膚科での治療法